背中ニキビ跡

背中ニキビ跡をきれいに

イメージ左

薄くしたり、消したりすることも可能です。

ニキビ痕には、「陥没」、「赤み」、「シミ」の3種類があります。

赤みまたは、シミが残るケースの場合は、消すことも可能です。

陥没してしまった場合は、薄くすることは可能ですが、

完全に消し去ることはできないです。

ケアにより改善するためには、ピーリング・ビタミンC配合の化粧水が良いです。

ニキビ跡の種類。あなたのニキビ跡は?

キーワードを含め紹介(右より画像)

1、赤み

炎症が起こり赤みが消えないです。日焼けをするとシミとなることがあります。

ビタミンC導入体配合の化粧水や、イオン導入がケアとしてあります。


2、シミ

赤みが茶色いシミになってしまった場合です。

化粧水を使用したケアか、ピーリングにより改善します。


3、陥没

炎症により毛穴が壊れてしまった場合です。

ピーリングにより、完全回復はできないですが、改善することができます。

ニキビの潰し方

キーワードを含め紹介(左より画像)

ニキビを潰すためには、綿棒または、コメドプレッシャーを使用します。

コメドプレッシャーは、薬局で販売されています。金属の棒です。

毛穴に皮脂が詰まった状態をコメドと言います。

お風呂上りは、肌が柔らかくなっている状態です。

その時に、やさしくコメドを押し出してあげることがコツです。

「ニキビを潰してしまうと、ニキビ跡になってしまう。」こともあります。

上手にニキビを潰してあげることにより、治すことができます。

皮膚科でもニキビを潰してくれるところがあります。

自分で潰すのは、ちょっと自信がないという方は、皮膚科を探しましょう。

ニキビ跡の改善のために

肌が弱い人は

肌が弱い人は、弱めのピーリングから始めることが良いです。少し少し肌をピーリングに慣らしてあげることが大切です。

化粧水

ビタミンCが配合されている化粧水は、皮脂を抑えるほか、ニキビ跡を薄くする作用があります。また、保湿を行うことでニキビを抑制することが可能です。

背中ニキビ跡は、自分流でつぶしてしまったりすると良くないです。

乾燥、生理前だとニキビができやすくなってしまう女性もいます。

ニキビを潰すのが悪いと思っていても潰してしまう癖のある人がいます。

若い頃は、それでも良いかもしれませんが、年齢が上がってくると気になってきます。

毛穴が開いたままで肌が汚くなってしまいます。

肌のケアを続けることで、スッピンで会社や友達に会えるようになります。

肌のプルプル感を褒めてくるれると思います。

古くなった角質が溜まった肌では、美容成分が入りづらくなります。

肌の柔軟性を高め、浸透しやすい状態を作る必要があります。

肌の状態を整え、繰り返すニキビやその後のケアに欠かせないことです。

ニキビ跡は、ニキビを潰してしまうとできてしまいます。後で、気になってきます。

ニキビ跡を治すためには、肌の修正から行う必要があります。

傷ついてしまった肌を改善する必要があります。ニキビは治ります。

Copyright © 背中ニキビ跡に悩みがあるならコレ All rights reserved